私と乃木坂46

nogizaka

 

奇跡のトリガーを生み出したい

 

私と乃木坂46

 

私は完成度が高いものが好きだ。いろんな分野のプロフェッショナル達が集まり、生み出されるハイクオリティなものが好きだ。私が乃木坂46(以下、乃木坂)を好きな大きな理由の1つにそれがある。天下のプロデューサー・秋元康の下、楽曲はもちろん、振り付け、衣装、MVとすべてのクリエイティブに知恵と時間とお金がかけられることで、一瞬の隙も無い完璧なアイドルグループとして乃木坂46は今のアイドルシーンに君臨しつつある。ピアノとストリングスで静謐さを持たせながら、BPMを早める事でアイドルソングに求められる高揚感も両立させる“君の名は希望”や、EDM的要素を持ちながらも、シリアスな歌詞でEDMの軽さを排除した“命は美しい”などの楽曲が、「清楚」というパブリックイメージを作り上げ、「乃木坂らしさ」というイメージを構築しつつ、メインストリームであり続けることを実現しているのだ。

メンバーの周囲にいる、いわゆる「運営」と呼ばれる大人達が間違いない仕事をしてきた、ということが乃木坂の楽曲に惹かれる理由だ。しかし、そんな運営が準備してきたものをメンバーが更に乗り越える瞬間がある。不安の中センターに抜擢され、自らに自信が無いながらも、もがいていく中でいつしか「清楚」という枠では収まらない強さを持った生駒里奈や、楽曲の世界観以上に儚さを感じさせる西野七瀬、バラエティ受けするコミカルさを持っているのに、ステージでピアノを弾きだす瞬間に乃木坂らしさを一手に引き受けてしまう生田絵梨花。運営が知恵を絞って敷いたレールに沿って走ったり、外れたりしながら、メンバー自身がいつしか想定外の成長を遂げる。それは思春期の少女にはみな起こる事なのかもしれないが、乃木坂は少女たちが成長する瞬間を、楽曲がトリガーとなって見せているのだ。人間の美しさ─安っぽい言葉だが、それは奇跡などと言われたりするのだろう─を見せてくれる、とでも言えばよいのだろうか。

どれだけロジカルに言葉を並べて客観的に楽曲を分析しようとしても、どんな言葉もただの野暮に成り果ててしまう圧倒的な音楽がある。私が日々音楽に感じる難しさ、かつ面白さは、そのまま乃木坂にも当てはまる。どんなに考えられた、良く出来た外見があっても、それを凌駕する、少女たちの魅力が何よりも素晴らしいのだということを乃木坂にまざまざと教えられる。ただその現実に圧倒されながらも、その魅力を言葉にしようとキーボードを叩いてしまう。なぜなら、頭でっかちだとしても考え抜いて生み出すものは、奇跡を生み出すトリガーに成りうる。これも乃木坂46が教えてくれたことなのだ。

荒池 彬之