キミはいつ音楽にお金をだす!?

10872280_429288767220328_1010905164_n

 

無料。無料。無料……! YouTube や SoundCloud をはじめ、無料で音楽を聴くツールが完全に配備され尽くされた社会で、漫然と生きるぼくら。もうぼくらは音楽に「代価」を支払わないことに、慣れきってしまっていると言って過言ではないだろう。

邦楽と違って洋楽などは、YouTube で全曲フルで聴けてしまうものも少なくない。

無論ここに足を運んでくださる皆さんの中には、CD やレコードで音楽をじっくり楽しむ方も多いだろうし、我々MUSIUM 編集部の面々もそうだ。そしてそもそもこの不可逆の恩恵に対し、良し悪しを断じたいわけではない。

別にインターネットが誕生する前でも、ラジオから流れてくるその音楽を録音して、「タダで」繰り返し聴いていたものは多いはず。

限られた経済力の中で無心で未知の音楽を求めるのは、我々のサガなのだ。

タダで音楽を聴いて何が悪い。だがしかし、ぼくらが好きなその音楽を生むためには、絶対的にお金が必要だというのもまた厳然とした事実だ。

例えばスガシカオが「DL だと全部赤字」って言ってることや、
http://www.j-cast.com/2014/05/25205685.html

そもそもぼくらが大好きなあのバンドたちは、バイトをしているんだという現実。
http://regista13.blog.fc2.com/blog-entry-67.html

というわけで、今回のオトコエのテーマはこちら!

「キミはいつ音楽にお金を出す!?」

ハッシュタグ「#キミはいつ音楽にお金を出す」を付けて、ざっくばらんにぜひツイートお願いします。

Twitterからのコメント

HOME